カミソリなどで脱毛処理を行った後に、膿が毛穴に溜まってニキビのような状態になったことはありませんか?「ニキビかな?」と思ってそのままにしておいたら、いつの間にか消えていたという場合は、「毛膿炎」の可能性が高いです。

毛膿炎とは、脱毛処理を不潔な状態で行ったり、カミソリや毛抜きなどで深く脱毛したりすることによって、皮膚を傷つけて、細菌が毛穴から侵入し、毛根の周りに炎症が起こることです。

毛膿炎になりやすいところは、主に、わきや胸毛、ビキニライン、あごなど、きちんとした毛が生える部位が多く、脱毛してから3~4日経って発症するケースがほとんどです。

比較的、毛膿炎の炎症は軽いので、たいていの場合、そのままにしておいてもきれいに治るため、それほど心配はいりませんが、腫れたり赤みが出たり、痛みを伴ったりするケースも稀にあります。そのような時は、医師の診断を受けましょう。適切な処置をしてもらうことによって、ほかの箇所に毛膿炎が広がることはありませんし、跡が残ってしまう心配もなくなります。

もし、脱毛後皮膚に3~4日経ってからニキビのような症状が現れたら、その部分を消毒して清潔にしておくように心掛け、痛みや赤みがないか確認してください。また、毛膿炎が複数個できて目立つようならば、塗り薬や飲み薬などを処方してもらうとすぐに良くなります。

なお、肌への負担や痛み、効果などを考慮してもイーモリジュなどの光脱毛は優れている方式です。最近では多くの家庭用脱毛器が出ていますが、機能面やサポート面でもっとも信頼できるのがイーモリジュです。