妊娠中の方は、家庭用脱毛器「イーモリジュ」を使用して、脱毛することはできるのでしょうか?

お腹に赤ちゃんがいる妊婦さんは、イーモリジュのキセノンフラッシュによる脱毛が、赤ちゃんに悪影響を与えるのではないか心配かもしれません。

医療目的で使用する、エックス線や放射線、紫外線については人体に障害を与えるもので、これを使用する場合は、専門家による指導や厳重な管理が必要となります。家庭用脱毛器でこのような危険な脱毛方式が使われることはありません。そのような脱毛器がもしあったとしたら、それは違法です。

フラッシュ脱毛器のイーモリジュで使用している光は、毛根の奥にある内臓などに影響することはありません。毛穴内部のメラニン細胞や毛根、毛乳頭にだけ影響を与えます。また、紫外線のように“皮膚がん”を引き起こす作用もまったくありません。

個人差があるので一概には言えませんが、妊娠するとホルモンバランスが乱れやすいため、妊婦さんは脱毛効果が低くなるようです。妊婦さんは精神的に不安定になりやすいので、心配や不安を抱くことは仕方ないことです。妊婦さんの場合、脱毛器を使用する際は、安心のためにもお腹周りを避けた方が良いかもしれません。また、脱毛する時は無理な姿勢となることもあるので、安定期に入るまで脱毛器の使用を控えると安心です。授乳期の場合も、ママが脱毛器を使用しても、母乳に影響が出ることはほとんどありません。

ただし、脱毛器の光を赤ちゃんの目に絶対に当てないように注意してください。脱毛器を使う時は、赤ちゃんのいない別室で行うようにしましょう。