家庭用脱毛器は、古くは毛抜きなどから近年ではイーモリジュなどの光による脱毛器まで、さまざまな種類のものが販売されています。以前は、「脱毛は痛くて大変」というイメージがありましたが、最近の脱毛器はそのような点も考慮されていますそれでは、脱毛器の種類とその特徴について、簡単にまとめてみます。

光脱毛器・・・フラッシュ式やIPLと呼ばれている脱毛器のことで、強い光を照射することによって毛根のメラニン色素に反応して脱毛するものです。光脱毛器のメリットは、毛が伸びていない状態でも処理ができ、広い範囲の処理を一度にできることです。デメリットは、他の脱毛器に比べて価格が高いことです。光脱毛器の代表的な商品は「イーモリジュ」ですが、その価格は8万9千円です。

レーザー脱毛器・・・以前人気のあった脱毛器です。光脱毛と同じ原理で、毛根に光を照射して焼き切って脱毛します。レーザー脱毛器のメリットは、毛を伸ばさなくても脱毛の処理ができることです。デメリットは、光脱毛と比較すると、一度にできる処理範囲が狭いことです。レーザー脱毛器の代表的な商品は「トリア」です。

サーミコン式脱毛器・・・温度を電気で上げたワイヤーを毛に当て、その熱によって毛根にダメージを与えて脱毛します。メリットは、肌に直接触れなければ痛みを感じないことです。デメリットは、毛が伸びた状態でないと処理できず、1本ずつ処理していくので時間がかかることです。代表的な商品は「ノーノーヘア」です。

毛抜き型脱毛・・毛を機械的に抜き取る脱毛器です。毛を抜くためそれなりの痛みを伴います。メリットとしては、量販店などで手軽に入手できることです。デメリットは、泡脱毛などの方法もありますが、基本的に痛みを感じます。代表的な商品は「ソイエ」です。