ケノンを使う際はセッティングに時間がかからないので、その点は便利ですが、クールダウンをきちんとするとなると、やはりある程度の時間はしっかりと確保したほうがよいでしょう。

そして、同じ場所を続けて脱毛しないために、施術した場所を覚えておく必要があるので、手足の場合は途中でやめずに右側だけはすべて終わらせるなどまとめて施術することも大切です。

ケノンは脱毛の効果は高いと好評ですが、使い方については人によって認識の差が出ているのかもしれません。

また、ケノンによってフラッシュ脱毛を行ったあと、一ヶ月ちかくは、その部位を日焼けさせてはいけないのですが、それを守る事が面倒と言う口コミも上がっています。

夏など肌を露出させる季節は、一ヶ月間、日焼けを防止することにはかなり気を使います。

ですから、冬など、肌をあまり出さない季節に集中してケノンを使った脱毛を行う方がおすすめです。

そして、効果が高く痛みも少ないと言われているケノンですが、部位によっては、痛みを感じる人もいます。

脇などのデリケートなところは、痛みを感じて続けられなかったという口コミもありました。

これには個人差がありますが、脱毛に痛みをまったく感じないということは難しいと思います。

もちろん、脱毛サロンなどでの電気ニードルと比べると、数段に痛みは少ないですが、痛い、痛くないは、個人によってだいぶ感じ方が違います。

ケノンは、脱毛効果が高く、しかも、無痛というイメージを抱く方もいらっしゃいますので、この点は理解しておきましょう。