脱毛器のデメリットについて挙げてみたいと思いますので、家庭用脱毛器を購入しようと比較検討している方は是非参考にしてみて下さい。


【脱毛出来ない部分がある】
家庭用脱毛器を使って脱毛をすると言う事は、基本的には自分自身で自分の脱毛をすると言う事になります。

その場合、背中等の手が届かない部分の脱毛は自分では出来ないと言うデメリットが生じます。

また、OラインやVライン等の脱毛はとてもデリケートな場所なだけに、家庭用脱毛器では何かとトラブルになりやすいと思いますので、止めておいた方が良いと思います。

もし背中等の手が届かない部分の脱毛をしたい場合は、家族に頼む等、他の人の手を借りると良いでしょう。


【脱毛効果が低い】
脱毛サロンやクリニックで行われている脱毛器と比較して、家庭用脱毛器はトラブルを考慮して脱毛効果が低く設定されている事が多いです。

レーザーでも照射力が低かったり、出力が弱かったりします。

その為、脱毛期間が延びてしまうと言うデメリットが挙げられます。


【自分に合う脱毛器を探すのが難しい】
家庭用脱毛器と一言で言っても、有名メーカーから無名メーカーまでたくさんの脱毛器が発売されています。

その中から自分に合う脱毛器を探すのはとても難しいと思います。

また、良い脱毛器を選ぼうとすると費用自体が高くなってしまうと言うデメリットも有ります。

安いから悪い脱毛器、高いから良い脱毛器と言う訳ではありません。

本当に良い脱毛器を探す為には口コミを調べる等、色々検討する必要が有るのです。


この様に家庭用脱毛器にはデメリットも有りますので、購入する場合にはこうした点も了承した上で購入する様にしましょう。