最近は家庭用脱毛器も進化を遂げていて、昔は抜くタイプの脱毛器も今はレーザータイプが有る等、サロンの脱毛と比較しても遜色ない位の脱毛器も登場してきています。

そんな家庭用脱毛器で永久脱毛は可能なのかと言う事を疑問に思う方も大勢いると思います。

永久脱毛と聞くと処理した部分は毛が生えて来ないと言う事をイメージすると思います。

しかし永久脱毛の定義としては「毛の1ヶ月以内の再生率が20%以内」と謳われているのですが、この定義も少し曖昧な所がある様です。

完全に毛が生えて来ない様に脱毛をしようとした場合、昔ながらの脱毛方法である毛穴にニードルと言う針を刺して、毛根を焼き切る脱毛方法をするのが良いのですが、これは脱毛サロンやクリニックでしか出来ない為に家庭用脱毛器では難しいと思います。

医療用レーザーを使って脱毛をしたとしても、今現在では完全に生えて来ない程の脱毛は難しく、産毛程度は生えてきてしまうのが現状の様です。

しかしレーザーやフラッシュ式の家庭用脱毛器を使用した場合、徐々に毛が生えてきたとしても産毛の場合が多く、それであれば肌の露出をする際に少しカミソリで手入れをすればいい程度になります。

この状態になるまでサロン等の脱毛と比較して多少時間はかかると思いますが、長い目で見て脱毛をしていくと良いと思います。

家庭用脱毛器で完全なる永久脱毛は出来ないと思いますが、毛を目立たない状態にする事は可能だと言う感じで覚えておくと良いでしょう。