体毛には個人差が有ります。

薄い毛、濃い毛、柔らかい毛、硬い毛、細い毛、太い毛と言う様に色んな毛質が有ります。

家庭用脱毛器で脱毛をする際、どんな毛質の方でも効果は期待できるのか比較してみたいと思います。

毛の色が薄い人と比較して毛の色が濃い人の方が家庭用脱毛器の効果は期待出来ると言われています。

理由としては脱毛器はメラニン色素に反応してレーザーやフラッシュが照射されます。

ですから濃い色の毛が生えている人ほど家庭用脱毛器が反応すると言う事になるのです。

更に肌が白くて毛の色が濃い人は毛の濃さがくっきりと区別しやすくなるので、より家庭用脱毛器の反応がよくなると言われています。

ですから剛毛な人ほど効果は期待出来ると言う事に繋がるのです。

しかし家庭用脱毛器の反応が良いと言う事は、それだけ痛みも強く出やすくなると言う事になります。

レーザーやフラッシュの光が一点に集中しやすくなる為、照射力も高まって反応し、痛みが強く出てしまうのです。

その痛みも慣れれば大丈夫と言う方もいると思いますが、痛みが強いと言う事は肌に対してダメージも強く加わると言う事にもなりますので、家庭用脱毛器の調整をした方が良いかもしれません。

家庭用脱毛器にはレベルが設定されている物が多いです。

痛みが強い場合にはレベルを下げて照射力を低くし、その上で脱毛を勧めていくと良いと思われます。

低い照射力だとしても、剛毛の方の場合は充分に効果が期待出来ると思いますので、そこから徐々に慣れていき、レベルを上げていくと良いでしょう。