いつでも家庭で脱毛が出来ると口コミでも人気の「ケノン」。
脱毛効果を少しでも上げる為にはケノンを使う時期についてもしっかりと知っておく必要が有ります。

毛には毛周期と言うサイクルが有り、成長期、退行期、休止期と主に3つの時期に分ける事が出来ます。
口コミ通りケノンを使って脱毛効果を少しでも上げる為にはこの「成長期」の時期に処理をすると良いと言われています。
先ず成長期ですが、毛が作られる元となる成分の毛母細胞が活発化する時期となります。これによって毛球が毛穴の中に出てきて成長をしていきます。更に毛細血管から栄養分を毛乳頭に送り込んでいき、毛を成長させていくと言う時期になるのです。
この為、ここで脱毛処理を行う事が毛母細胞や毛乳頭にダメージを与えやすく、脱毛効果が得られやすいと言う事になるのです。
次は退行期ですが毛母細胞の活動が徐々に治まってきて毛穴が委縮して行く様な時期となります。

最後に休止期ですが、毛乳頭から今まで摂り込んでいた栄養が取り込めなくなる時期で、毛の成長がこれによってストップする事になります。ですから毛穴の中でも毛乳頭と毛球が切れてしまい、毛が何とも結びついていなくて離れてしまっている為に、毛穴の中で毛が浮いてしまっているのでスルッと抜けやすい状態となっているのです。
この様に毛の周期は3つに分けられていて、適切な時期に脱毛処理を行う事で効果を上げる事が出来ます。

逆に退行期や休止期に脱毛処理を行っても、毛母細胞や毛乳頭が既に衰えている為、何の影響も与える事が出来ないので処理自体無意味となってしまいますので、タイミングを見た上で脱毛処理をする様にしていきましょう。